みかた らぼ

運気を味方につけて幸せをつかみ取るサイト

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

      2018/05/18

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

ご訪問ありがとうございます。
毎日の仕事にやりがいを感じていますか。

こんにちは。プリシラです♪

女性の社会進出が一般的になり、働く女性が増えました。
一緒に仕事をする相手も、男性と女性が同数くらになるのではないでしょうか。

男性社会だった会社の中に女性が入ることで
女性ならではの仕事の進め方が認められつつあります。
一方で女性同士がライバルとなり、出世を狙うという時代ともいえるでしょう。

仕事で認められたいのに、他の女性社員と同じように働くだけでは
埋もれてしまうだけです。

仕事が楽しい!やりがいを感じるという満足度を得るには
上司や同僚に仕事ぶりを認められることが必要だといわれています。

他の女性社員に埋もれないように、仕事で認められるために
今からでもできることをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

仕事ができる女性が増えている

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

現在は女性でも男性の上を行くほど仕事ができる人が増えています。
女性管理職になって、年収が男性の上を行く女性もいます。

そんな高見は目指していないとしても、やはり仕事で認められたい
そう考えるのは、仕事をしていれば当たり前です。

そうなると一緒に仕事をしている女性社員はライバルになりますし
一緒のチームの中では、「できる女」だと思われたいという気持ちも分かります。

しかし、仕事は周りと比べることではありません。
仕事のやり方、得意なこと、これまでの経験は様々です。

大切なのは、あなたの仕事ぶりが認められることです。
周りの女性社員を出し抜くのとは、ちょっと違います。

 

仕事で認められるには…と考えると、すぐに思いつくのは
大きな仕事で成果を出すこと」だと思います。

大きな仕事がすぐに回ってくれば良いですが、そう簡単にはいきません。
大きな仕事はそれまでの経験や実績が問われます。

すなわち、大きな仕事が回ってきた頃には、あなたはすでに認められていることになります。
では、大きな仕事が回ってくるには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、小さなことを正確に確実にこなすことです。
仕事はそういった小さな成果の繰り返しです。

小さな成果をすっ飛ばして、大きな成果には繋がりません。
仕事ができる女性は、小さな成果のもとになる土台がしっかりしています

その土台とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。

 

仕事で認められるための小さな土台

「あの人の仕事ぶりは素晴らしい」と認められたら嬉しいですよね。
仕事で認められるには、基礎となる小さな土台が大切です。

仕事をする上で必ず意識してほしい3点をご紹介します。

 

相手に認識してもらう

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

あなたという人物が働いている、ということを認識してもらいましょう。
まずはここがスタート地点です。

あなたの会社に女性があなた1人であれば、認識されるのも早いでしょう。
しかし女子社員は他にもいるはずです。

そんな中、顔も名前もうろ覚えでは、認めてもらうなんて程遠いです。
是非、顔と名前を相手に覚えてもらえるようにアピールしましょう

私がよく実践しているのは、私にしかない特徴を作ることです。
ある時、同じチームで働いている女子社員は、みんな髪の長さが同じくらいでした。

肩を越えたくらいのミディアムなので、周りから見ればみな同じように見えていたと思います。
そこで私はアピールのために、髪をバッサリと肩上に切りました。

その結果、周りからはまず「髪の短い子」と認識され、その度に自分で「○○です」と名乗り
顔と名前を覚えてもらいました。

顔が特徴的とか、女性にしては背が高いという場合は、認識率が高いので羨ましいです。
認められたいなら、まずは存在を認識してもらうことが不可欠です。

 

仕事で関わる人の顔と名前は素早く覚える

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

認識してもらう話をしましたが、逆も然りです。
一緒に仕事をする人、取引先、顧客など、仕事で関わる人の顔と名前は早く覚えましょう

そして実際にコミュニケーションを取る時は、相手の名前を呼ぶことが大切です。

自分に置き換えると分かりやすいと思いますが
一度会った相手が、次の時に名前を覚えていてくれると、好感度が上がりますよね。

素直に嬉しいものです。
そして相手の印象に残りやすくなります

一方で人の顔と名前を覚えるのが苦手、という人もいるでしょう。

そんな人のためにおすすめなのが、初めて会った相手にあだ名をつけることです。
会った時の印象、苗字や名前から、癖や仕草からなどがヒントになります。

あだ名をつけると、その相手に愛着がわきます。
すると印象に残りやすいので、顔と名前を早く覚えられますよ。

もちろん本人の前でうっかり呼ばないように気を付けてくださいね。

 

誠実な対応が大切

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

私の経験上ですが、仕事ができる女性はプライドも高いです。
もちろん努力もしています。

でも仕事は不思議なもので、どんなに準備して下調べをして挑んでも
裏目に出てしまったり、相手の怒りを買ってしまうことがあります

そんな時「でも」「しかし」「そうではなくて」など、正論で突き通そうとしてはいけません。
しっかり努力している分、反論はたくさんあるでしょう。

相手に受け入れられない事実を受け止めて、次回に活かすことを考えるべきです。
非を認めて素直に謝罪すると、相手の怒りの火はすぐに鎮火できます。

そして次回は同じ間違いを起こさないように、確実に対応しましょう。
誠実に、確実に仕事をこなしていれば、相手の信用を得ることができます。

プライドが邪魔して頭を下げられない女性になるのだけは、おすすめできません。

 

業務内容に詳しくなっても謙虚さを忘れない

仕事で認められたい女性必見!意識してほしい大切なこと3つ

仕事で認められたいなら、業務に関して勉強し知識を増やすための
努力をすることは大前提です。

業務のことはあなたに聞けば、答えが返ってくるくらいの安定感は必要ですね。
しかしあまりに業務内容に詳しくなった時、注意してほしいことがあります。

それは業務に詳しくない相手に対して、上から目線になってしまうことです。

「そんなことも知らないの?」「勉強不足なのでは?」
努力して知識を手に入れたあなたは、そんな風に考えるかもしれません。

もちろん言葉には出しませんが、そういった思いがあると
表情や態度に出てしまいます。

 

また直接は口にしなくても「前にもお話しましたが」「お忘れのようですが」など
嫌味にも似た言い方をしてしまうこともあります。

すると言われた相手はどんな気持ちになるでしょうか。

なんだか責められているようで、あなたに対して苦手意識を持ってしまいます。
「あの人は知識はあるけれど、聞きにくい」と遠ざける人も出てくるでしょう。

中にはあなたの態度が気に入らず、怒りをあらわにする人もいます。
そこで、こじれれば、会社の人間関係にも影響が出てしまいます。

せっかく仕事で認められていたのに、あなたの態度次第では
仕事は認めるけど、人間的にはちょっと…」という評価になってしまいます。

これは避けてほしい事実です。

業務内容ではあなたが1番詳しいとしても、謙虚な気持ちは忘れないようにしましょう。

 

おわりに。。。

現代の社会では多くの女性が仕事で認められています
もちろん、あなたも仕事で認められたいという気持ちがあれば、可能です。

仕事で認められたいなら、成果を出す必要がありますが
その前に、あなたが認識され、あなたも相手を認識し、誠実な対応を繰り返すことが大切です。

地味かもしれませんが、そういった丁寧な仕事を繰り返すことで
周りの人のあなたを見る目は変わってきます。

一見、当たり前のことのようですが、出来ていない人が多いのも事実です。
是非、仕事で輝く女性になってくださいね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - ライフワーク