みかた らぼ

キレイになりたい☆お悩み解消☆楽しい毎日を「みかた」にするサイト

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

      2017/09/11

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

ご訪問ありがとうございます。
ダイエットを目的としてヨガを始めるという人も多いのではないでしょうか。

こんにちは。プリシラです♪

ヨガは老若男女、誰でも始めることができるスポーツです。
ゆっくりとした動きの中で、呼吸を深め、意識して筋肉を動かしていきます。

ヨガでダイエットを目指すのであれば、1番気を付けて欲しいのが「食事」です。
実際にヨガの前と後、どちらで食事をするのがいいのか迷ってしまいます。

ここではヨガ前後の食事とダイエットの関係についてまとめていきます。

 

ダイエット目的でヨガをするなら、気を付けるのは食事

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

まず気になるのが、ヨガをすることでダイエットに繋がるのか、という部分です。
答えは「ダイエットはできます」です。

ダイエットとヨガの繋がりを見ていきましょう。

ヨガは動きはゆっくりですが、有酸素運動として効果があります。
有酸素運動といえば、水泳・ジョギング・ウォーキングなど手軽に始めることができるスポーツが多いですね。

ヨガは呼吸を深めながら動くことになるので
続けることで体脂肪が消費され、ダイエットしやすいといえます。

また、気になる部位に効くポーズをとることで、普段は使わない筋肉にも刺激を与えます。
インナーマッスルアウターマッスルがバランスよく鍛えられるので、引き締まった身体を作ることができます。

インナーマッスルって何?という人はこちら

ヨガは継続が大切です。
呼吸と筋肉を意識しながら続けることで、理想のボディを手に入れる日も遠くありません。

ヨガ前後の食事によってはダイエットが台無しに!

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

ところが、ヨガでダイエットを目指すうえで、気を付けて欲しいのが食事です。
ヨガを行う時間にもよりますが、ヨガの前後に食事を摂る人も多いでしょう。

この食事に油断をすると、ヨガ行っても、せっかくの努力が台無しになってしまいます。
そのくらいヨガ前後の食事は注意が必要です。

何故、ここまで食事を気にするのか?
その謎は、次の章で見ていきましょう。

 

ヨガ前の食事と、ヨガ後の食事はどっちがいい?

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

ヨガ直後(特にホットヨガ)は代謝が非常にアップしています。
言い換えれば、どんなものでも身体に吸収されやすい時です。

そんな時に、甘いもの、脂肪分の多いものを食べれば
その栄養素がそのまま身体に吸収されてしまいます。

通常の状態で食べる時よりも、吸収率が高いということです。
ですから、ダイエット目的でヨガをするのであれば、食事はヨガの前に済ませておきましょう。

ヨガの前と言っても、食後にヨガをするわけですから
ヨガの動きに支障がない程度の量に押さえておくべきです。

お腹いっぱいになるまで食べてしまうと、動きが鈍くなるだけでなく
消化不良を起こしたり、ヨガの最中に気分が悪くなってしまう可能性があります。

ヨガ前に食べる時間がなかった場合は?

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

会社帰りにヨガスタジオに行く場合や、忙しくてどうしても食事をする時間が取れなかった
そんな日もあるでしょう。

ヨガの前に食事ができなかった場合は、ヨガの後に食べることになります。
その場合、ヨガが終わった直後に食べるはNGです。

ヨガを終えた直後は代謝がアップしているので、上記した通り身体への吸収率がアップしています。
ですから、食事は1時間以上待ってから摂るのがおすすめです。

せっかくダイエットのためにヨガをしているのに、その後、食べたものによって
脂肪に変わってしまっては意味がありません。

吸収率が非常に良い状態から、通常の状態に戻るまでが、だいたい1時間なのですが
翌朝早いから、早く食事を済ませて寝たいという人も多いのではないでしょうか。

その場合は、夜は我慢して翌朝にたっぷりと食べた方が吸収率を心配する必要がありません
また朝食で食べたものは、その後の活動によって消費されていくので、ダイエットには向いています。

とはいえ、空腹で眠れないという意見もあるので、やはり、ヨガの前に少しでも食べておくか
ヨガの後だからこそ摂取したい栄養素を中心に少し食事を摂るのが良いです。

ヨガの後だからこそ、摂取したい栄養素については
次の章で詳しく書いていきます。

 

ヨガ後の食事に摂取しておきたい栄養素とは

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

ヨガの後は高カロリーな食事は避けた方が良いということを書きました。
一方で、ヨガの後の代謝がアップしている時だからこそ、摂取してほしい栄養素もあります。

上記した通り、この時間は食べたものがそのまま吸収されると言っても過言ではないほど
身体への吸収率が良い時間です

ですから、通常では吸収されにくい栄養素今のあなたに欠けている栄養を摂るのはおすすめです。
また美容に効果的な栄養素も良いですね。

ヨガの後だからこそ、是非、摂取してほしい栄養素を紹介します。

食物繊維

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

食物繊維は内臓の働きを高めて、代謝を上げ、痩せやすい身体を作ってくれます。
基礎代謝を高めて、便秘改善の効果もありますよ。

ヨガの後に摂ることで、吸収率を高めより効果的に働いてくれるはずです。
ただ、日頃からお腹が弱い人は、お腹を壊してしまう可能性もあるので控えめに。

食物繊維が豊富な食べ物は…
ライ麦、豆類、緑黄色野菜などに含まれています。

ミネラル・ビタミン

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

ヨガで汗をかくことでデトックス効果はありますが、更にデトックス効果を高めてくれるのがミネラルです。
また、眠っている間に代謝活動が活発に行われる際にも必要な栄養素なのです。

また、ビタミンは身体を動かすのに不可欠ですし、特にビタミンCには美容効果がたっぷり。
コラーゲンの生成や紫外線から肌を守るなど、思わぬところで活躍しています。

これらの栄養素をヨガの後に摂取することで、ダイエットだけでなく
美容効果にも大きく期待ができます。

ミネラルは海藻類、ビタミンCは野菜や果物から摂取することができますよ。

食物酵素

ヨガでダイエットを目指すなら、前後の食事に気を付けるべし!

酵素は食べ物から摂取してもなかなか吸収されにくい栄養素です。

しかし酵素には食べ物の栄養を強化、新たに栄養を作る、消化を助けるなど
身体にとって、とても重要な役割をしています。

ダイエットをしている時は、酵素の力を上手に使うことで
より痩せやすい身体を作ることが期待できます。

酵素は生の野菜や果物に含まれていますが、実は胃で活性を失ってしまいます。
そこで目を付けたいのが発酵食品です。

味噌、醤油、納豆、キムチ、漬け物、麹などの発酵食品は酵素の力が発揮されたものです。
ヨガの後の食事にも上手に取り入れてみましょう。

ひとつ注意したいのは「摂り過ぎは禁物」ということ。
どんなに身体に良い栄養素でも、過度に摂るのは逆効果です。

 

おわりに。。。

ヨガは真剣に取り組むことで痩せやすい身体を作り、ダイエットをするのにも向いています。
でも、ヨガの後にがっつり食事を摂ってしまうのは逆効果です。

まさにヨガの後の食事が、ダイエットの効果を左右するといっても良いでしょう。
おすすめは、ヨガの前に食事を済ませるか、吸収率が良い時に摂取したい栄養素を中心に摂ることです。

もちろん、食べ過ぎはNGですが、上手に取り入れればダイエット以外の効果も期待できます。
せっかくヨガをするのですから、ありとあらゆる効果をモノにしてしまいましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - ヨガ, 楽しいのみかた