みかた らぼ

運気を味方につけて幸せをつかみ取るサイト

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

      2018/03/10

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

ご訪問ありがとうございます。
旅行に夜行バスを使うのもまた、良い思い出です。

こんにちは。プリシラです♪

旅行の大半を占める交通費
飛行機も新幹線もお高い!かと言って自家用車で行ける距離じゃない!

そこでひとつ思いつくのが夜行バスです。
深夜のいつもなら寝ている時間を利用してバス移動…。

朝には目的地に到着しているアレです!
今回は夜行バスを選ぶポイントおすすめの夜行バスなど

ちょっといいな、をご紹介します。

 

スポンサーリンク

夜行バスを利用する時に最重要なのは…?

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

まず夜行バスを利用しよう!と考えた時に
あなたは何を重要視して選びますか?

・代金
・安全性
・衛生面
・快適さ
・サービス

ふむふむ…個人によって様々な意見があると思います。
でも1番大きいのは利用代金ですよね。

冒頭でも言っている通り、交通費を安くしたいんですから。
夜行バスは東京~大阪間で安いものなら3000円をきるものもあります。

しかし安いのにはそれなりの代償がつきものです。
身動きできない程狭い空間、背もたれも倒せずに直角のまま寝る、隣に知らない人。

この状態でも大丈夫な人は最安値をおすすめします。
でもね、良く考えてください。

今回は旅行に行くのです。
お盆に親戚の家に遊びに行くのではありません。

上記の状態でろくに睡眠もとれず、ただ耐えるだけの一晩が明けて
目的地に着いたとしても、そこから元気に活動できますか?

私は、無理でした…(経験あり)

隣に座ってきたのがいかにも怪しい雰囲気漂う人だったらどうでしょう。
おちおち寝てられませんよね。

それに夜行バスは消灯を過ぎたら電子機器の使用はできません
本当に暗闇で朝が来て目的地に着くまで耐える時間の始まりです。

総括して私の場合、代金は新幹線や飛行機より安く済めば良しとしています。

 

夜行バスを選ぶときのポイント

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

いざ夜行バスで旅に出ようと決めた時のポイントをみていきましょう。
ここで書いていくのは料金最安値ではありません

料金はあくまで同じ距離の新幹線や飛行機よりも安いことです。
なので、その辺はあしからず。。。

3列シートのバスを選ぶべし

夜行バスの中には4列シート3列シートのバスが存在します。
4列シートはいわゆる遠足のバス仕様で通路を挟んで両側に2つずつ座席があります。

3列シートは左右と真ん中に1人用の座席が備わっている
どこに座っても1人掛けの座席になっている仕様をいいます。

これなら見知らぬ人と密着して座る必要もありません。
バスによってはカーテンまでついているところもあります。

窓側の席をキープすれば、個人空間の出来上がりです。

リクライニングなどのサービス

狭いバスの中で快適に眠るのであればリクライニングは重要です。
リクライニングが出来るバスというのは、前後の間隔が広いことになります。

直角シートのままで眠るというのは、やはりツライものです。
翌朝、足腰が痛くて動けない…なんてことにならないようにしたいですね。

ついでに各シートにスマホの充電パソコンを繋げる
電源が装備されているバスもあります。

他にも女性に嬉しいアメニティスリッパ足置きなどのサービスが
充実しているバスもあるんですよ。

乗務員は2人以上いるか

夜行バスでの事故のニュースも良く見かけますね。
運転手さんが1人だったばかりに、居眠り運転で事故を起こしたとか…。

乗務員の数は走行距離によって決まるのですが
バス会社によっては2人以上乗っているバスもあります。

やはり1人より2人です。
安全な旅のため、事前に乗務員さんの数もチェックしておきましょう。

トイレの有無

いくら眠って過ごすだけの夜行バスとはいえ、トイレの有無は大事です。

基本的に1時間おきくらいにサービスエリアに立ち寄ってくれますが
いざという時にトイレが車内にある方が安心できますよね。

その代わりトイレ付のバスの場合、トイレの傍の座席はやめておきましょう
ニオイの問題ではなく、人の出入りの問題です。

利用する人が頻繁に行き来しますし、多少音が聞こえることもあります。
せっかくの睡眠の妨げになってしまいますよ。

 

おすすめの夜行バス

夜行バスで大阪 Overnight Bus to Osaka夜行バスで大阪 Overnight Bus to Osaka / jetalone
ここまでバスの話をしてきましたが「じゃあ、どこを選べばいいの?」と
お困りの人もいることでしょう。

そこで様々なバス会社を調べた結果、おすすめの夜行バスを紹介します。
女性目線で選んでいますのでありからず。

VIPライナー

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

この記事の中で書いてきたことの全てを網羅しているといってもいい
1番おすすめの夜行バスです。

座席だけでなくシートのタイプも選ぶことができますし
中には完全個室?と思わせるような空間を提供してくれます。

シートのタイプは花柄の可愛らしいものから、リラックス度満点のフカフカシートまで
バラエティに富んでいて選ぶのも迷ってしまいますよ。

女性専用バスも用意されていますし、アメニティも充実しています。
コンセント付き、充電設備付きなんていうサービスも嬉しいですね。

他にも「VIPラウンジ」という待合室が用意されていて
バスを利用する前後にも便利なサービスを利用できるんです。

女性の1人旅でも安心で快適なバスの旅ができますよ。

>>VIPライナーの詳細はこちら

WILLER EXPRESS

安値に騙されるな!旅行で夜行バスを利用する心得

ツアーバスの大手なので街のあちこちでこのバスを見かけます。
その知名度の高さ安心感は右に出るものはいないくらいです。

こちらも座席やシートのタイプを選ぶことができます。
宇宙ツアーを体感できるアトラクションバスなんてのもあります。

サービスが豊富で乗る人を楽しませてくれるバスですね。
路線が日本全国にまたがっているので、マイナーな場所にも連れて行ってくれます。

こちりらのバス会社が主催しているツアーやプランを利用することで
クーポンや割引も利用できるのでお得です。

\選べる!全12種類のシートが人気/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

私が全力でおすすめするのはこの2つですね。

関東発なので、主要都市(名古屋・大阪・京都)に行くときはVIPライナー
それ以外の都市に行くときはWILLER EXPRESSという感じに使い分けます。

出発地点も東京だけでなく、埼玉や千葉や神奈川にもいくつか停留所があります。
楽しいバスの旅になること間違いなしです。

夜行バスに乗るなら持っていきたいもの

耳栓だよ耳栓だよ / yto
最後におまけとして、夜行バスに乗るならあると便利なものです。
アメニティについていればいいのですが、ないことが多いので書いておきます。

耳栓

周りの人の動く音やいびきなどは想像以上に気になります。
バスの車内なので、エンジンの音などの遮断にも、もってこいです。

マスク

同じバスの中に複数の人がいるので、様々なニオイがする場合があります。
冬などはウイルスや風邪の予防にもなるのでおすすめです。

タオル

窓側の席の場合、窓に頭をぶつけたり、寄り掛かった時にバスの振動が気になるので
頭の当たりそうな場所にタオルをあてておきます。

 

おわりに。。。

駆け足で紹介してきましたが夜行バスの旅も悪くないと思います。
私が1番最初に乗った夜行バスは最悪でした。

まさに耐えるだけの夜だったのです。
(さすがに隣は友人でしたけどね…)

特に女性だけの旅とか1人旅の時に夜行バスを検討しているのでれば
参考にしてもらえると嬉しいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - 雑記