みかた らぼ

運気を味方につけて幸せをつかみ取るサイト

寝不足じゃないのにクマが!やってはいけない対処法

      2018/03/10

寝不足じゃないのにクマが!やってはいけない対処法 ご訪問ありがとうございます。 目に下のクマ、できれば出来てほしくないですよね。 こんにちは。プリシラです♪ 私の最大の悩みは目の下のクマです。 いつからかは忘れましたが、学生の頃からずっといる気がしています。 今の仕事がデスクワークになったせいか 最近、友達に「クマ酷いよ」と心から言われました。 そりゃ…ショックですよね。 という訳でクマ解消法についてお勉強中です。 今回はその一部を書き綴ってみようと思います。

スポンサーリンク

寝不足じゃないのにクマが出来る原因とは

寝不足じゃないのにクマが!やってはいけない対処法 とは言っても、今まで何もしてこなかったわけではないです。 目の下のクマは血行不良から来ているものなので 目の周りをマッサージすると良い! こんな情報をどこぞの雑誌なのか、メディアなのかで 見たんだと思います。 それからはコツコツと目の周りマッサージをしてきた訳ですが 一向に良くならない(友達に言われちゃったしねぇ) ええ、古い情報なんですよ。 きっとクマに詳しい美容マニアさんならその答えは分かっているはず! これは間違った対処法なのです! まずクマができる原因としては以下の通り。

①睡眠不足または目の使い過ぎ

これは学生時代のクマの原因だと思います。 一般的にクマができているというと「睡眠不足」につながりますね。 パソコンなどでハードワークをこなした後も 目が落ち窪んでクマができるものです。 だから1時間に数分の休憩って大事なんですね(汗) そのまま眼精疲労につながる危険も秘めていいます。

②血行不良

冷え性な人、薄着の人、寒い環境にいることの多い人 そうなると身体全体がいつも体温の低い状態になります。 また、寒いと身体が固くなって動きにくくなるじゃないですか。 あれを放っておくと血の巡りも滞って血行不良になります。 目の周りの血管は細いものばかり。 太い血管も動きがないのに、細い血管だけ血行がいいなんて上手い話はないのです。 すると必然的に目の周りの血行が悪く青い血管が浮き出て クマのように見えてしまうのです。 血行を良くする方法はこちら

③色素沈着

女性によくあるのが色素沈着ですね。 女性はメイクをします。若いころなんてアイメイクに命かけてます。 そのメイクを落とすのに目の周りをゴシゴシ…。 しかも毎日ゴシゴシ…この摩擦が目の周りの薄い肌に悪影響を及ぼしてクマに発展(ガーン) または、メイクを落としたつもりが落としきれていない。 するとお肌に残った汚れが日に日に沈着してクマのようになります。 紫外線を浴びすぎた場合もなります。

④老化

これは男女問わず起こります。 年齢を重ねると次第に、お肌がたるんできます。 目の下も例外ではありません。 すると垂れ下がった皮膚が影になってクマのように見えます。 これはアンチエイジングしかありませんね。

良いと思っていた対処法は間違っていた!

寝不足じゃないのにクマが!やってはいけない対処法 先ほど、私の行っていたクマ対策は間違っていたと断言しました。 それは「血行よくなーれ」と思ってやっていたマッサージです。 簡単に説明しますと、洗顔後の化粧水を付けたなめらかな肌の時に 目の周りをクルクルとマッサージするというもの。 でもね…。 目の周りの皮膚って薄いんです。 ちょっとの刺激や摩擦ですぐに反応してしまうんです。 ということは私は毎日、自ら目の周りにダメージを与えていたことになります。 元々、目をこする癖もあるので、それが輪をかけて悪化させたのではないかと。 確かにマッサージは血行が良くなります。 でも目の周りに関しては細心の注意をはらう必要があるんです。 ・力を入れない ・長時間やらない ・眼球は押さない でもできれば摩擦は与えない方がいいんです。 将来のたるみの原因にもなります! それなら一体、何をすればいいのだろう…。 ということで、正しいクマ対処法をいくつか立ち上げてみました。

正しいクマ撃退方はコレ!

寝不足じゃないのにクマが!やってはいけない対処法 今となってはどの原因でクマができているのか分からない状態。 (老化だけは違うと信じたい…) なので、どれが原因でもクマ対策になるような方法を探しました。 そして、現在の最新情報から「これならできるかも!」と思って抜き出した クマ対処法を書いていきます。

睡眠時間の確保

まずはこれですよ! 睡眠時間をしっかり確保しないと根本的な解決にはならないです。 もしかするとこれだけで、クマが消える可能性だってあるんですから。 でも寝すぎてもクマは出来ます。 これはずっと寝ていることで目を動かさないので 血行が悪くなるのが原因と言われています。 平日と同じリズムで寝て毎日同じ時間に起きるのがベストのようです。 これでクマが解消されれば、ただの睡眠不足ですね。 寝つきをよくする方法はこちら

クレンジング

クレンジングってどうしてもゴシゴシこすってしまいがちですが このやり方を見直すことにしました。 まずお化粧は必ず落としてから寝る(これは基本ですね) クレンジングはジェルやオイルを顔に伸ばして、目の周りは優しく伸ばしたら しばらく放置します。 ここで決して撫でたりこすったりはしません。 (あ、目の周り以外は多少クルクルします) そしてしつこいくらいに洗い流す! 顔にクレンジング剤が残っていてもお肌には良くないですよ。 これでこの先の色素沈着は防げるはずです。

目の周りにビタミンCパック

すでに起こしてしまった色素沈着を改善したいのであれば ビタミンCが強い味方になってくれます。 ビタミンCはそのままお肌につけても浸透されないので 「ビタミンC誘導体」という浸透しやすい状態のものを使用します。 これを目元用パックに染み込ませて目の下にピタッ☆ ビタミンCの力が行き届いて過去の色素沈着とサヨナラできるはず! 稀にビタミンC誘導体が肌に合わない場合があるので 必ずパッチテストを行ってから使用してくださいね。 これで過去の色素沈着ともおサラバできる…かも(笑) ビタミンC誘導体って?知りたい方はこちら

炭酸パックで血行促進

は季節を問わず、起きていても寝ていても何をしていても 基本的には何かに覆われることのない部位です。 いつも外気にさらされて1番過酷な状況にあるのかもしれません。 そんな顔を効率よく温めるのにおすすめなのが「炭酸パック」です。 エステ業界ではすでに取り入れられていて、効果は保証されています。 目の周りの血行を良くするのにも炭酸パックは効果的なんです。 これは、これから試す予定なので結果を別記事で書いていきます。 ちなみに老化からくるクマにも効果ありなんだとか♪ これでクマの原因はすべて潰せたはずなんです。 あとは行動あるのみですよ!

おわりに。。。

私の場合、目をこする癖があるので コレを極力我慢するという難題もプラスされます。 基本的なこととして、規則正しい生活やバランスの良い食事は 外してはいけません。 私は今、実行中なのでそのうち結果をお知らせします。 最後までお読みいただき ありがとうございました(≧▽≦)

 - 健康, 睡眠