みかた らぼ

運気を味方につけて幸せをつかみ取るサイト

自分を変える為に必要なのはコレ!鍵となる考え方と具体例

      2018/04/25

自分を変える為に必要なのはコレ!鍵となる考え方と具体例

ご訪問ありがとうございます。
あなたは「自分を変えたい!」と思ったことはありますか。

こんにちは。プリシラです♪

私は学生時代、毎日のようにそう思っていました。
自分の性格で損をしたことはたくさんありましたし、当時は「根暗」「能面」と呼ばれました。

とにかく私は暗くて地味な性格で、友達というよりも大将と子分みたいな関係ばかりでした。
明るくて人気者のクラスメイトを横目で見て落ち込む日々が続きました。

こんな私ですが、今は子分ではありませんし、人前で発言するのも全然平気です。
笑顔で人の懐に入ることができるので、昔のことを話しても誰も信じてくれません。

自分を変える方法はたくさんありますが
私は自分を変えるための「考え方」が大切だと感じています。

今回は私が変わるために得ることができた「考え方」をご紹介します。
自分を変えたいと思っている方の参考になると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

あなたが好きになれる「あなた」とは?

自分を変える為に必要なのはコレ!鍵となる考え方と具体例

自分を変えたい!と強く思う人の多くは、自分のことが嫌いではありませんか。
自分と向き合ってきて、損をしたこと、嫌な思いをしたこと、を自分の性格のせいだと思っていませんか。

・内向的で暗い性格が嫌い
・ちょっとしたことですぐにイライラしてしまう自分が嫌い
・周りの目を気にしていつも挙動不審になっている自分が嫌い

このように自分の嫌いな部分をピックアップして、それを打ち消すために変わりたい!
こんな風に考えている人は、残念ながら変わることができません。

 

ちょっと考えてみてください。

内向的な人がいきなり外交的になるのは、難しいです。
イライラしやすい人が無理に笑顔を作っても、余計にストレスが溜まります。

自分を変えたいと思うほど、嫌いな部分…それこそが紛れもなくあなたなのです
あなたの中の1番強い性質が表に出た結果だと思ってください。

ですから、まずは自分のことを好きになってください。
あなたが嫌いな部分もひっくるめて、「これが私なんだ」と認識してください。

自分を好きになることは「自分を信じること」に繋がります。
自分を変えるためには、「自分は変われる」と信じることが重要です。

自分を信じられない人は、どんなに綿密な目標を立てても失敗してしまいます。
自分を信じていればどんな困難な壁も乗り越えられるのです。

自分を変えるための第一歩は、嫌いな自分を好きになることからです。

 

あなたは変わることができる。でも本質は変わらない

自分を変える為に必要なのはコレ!鍵となる考え方と具体例

自分を好きになり、変わりたい方向に行動を起こせば、変わることができます。
自分を好きでも行動を起こさない限りは、あなたは変わることはできません。

ここでひとつ、大切なことがあります。
あなたが「私は変わったなぁ」と感じるほどになっても、実は本質は変わっていません。

真面目で優しい優等生が不良に憧れたとしても
本物の不良のようにはなれません。

外見を真似て、そういう仲間と付き合っていれば、不良になれたような気がするでしょう。
でも、あなたの本質は「真面目で優しい優等生」なのです。

私は根暗で能面でしたが、今は表情がコロコロ変わり、明るく振る舞えます。
でも根っからの明るさを持った人には、やはり適わないのです。

でも、その変わらない本質こそ、あなたの個性といえます。
誰もが理想のままに変わることができたら、個性が消えてしまいます。

不良だけれど、実は動植物を大切にする優しい人
不良仲間の中で唯一の難関国立大学出身

 

どうでしょう?
ただの不良なら他にもいますが、本質との二面性があなたを魅力的に見せるでしょう。

明るい子と対面して「やっぱり根暗の私には適わない」なんて諦めないで
あの子とは違う魅力があると、顔をあげてみてください。

「○○さんはいつも笑顔だけれど、どこかミステリアス」
周りは私のことをこんな風に見てくれているので、影でニヤニヤしています。

生まれ持った性質はそう簡単には変わりません。
自分を変えたい!と思うなら「変わった自分」と「本質の自分」の二面性を楽しむ気持ちが大切です。

 

自分を変えるためにやってはいけない具体例

自分を変える為に必要なのはコレ!鍵となる考え方と具体例

自分を変えるためにやってはいけないこと
それは「環境の変化を恐れて立ち止まること」です。

あなたが変わりたいという意志の元、行動を始めているとあなたを取り巻く環境が変わりはじめます。
自分を変えたいのに、何故周りが変わるのか、不思議に思うかもしれませんね。

 

私が1番大きな変化を感じたのは、「友達」です。
それまで何の疑問もなく仲良くしてきた友達との付き合いが苦痛になってきたのです。

自分の中の嫌な感情の理由を知りたくて、無理にでも友達と会うようにしましたが
今までのような「心地いい関係」ではありませんでした。

友達が多い方ではないので、この状況をどうにかしたくて、もがきましたが答えはでません。
そのうち、その友達と会う回数は減っていきました。

そのままその友達とは縁が切れてしまった、と思いますか?
実は会う回数は減ったものの、今でも友達の関係は続いています。

 

今の関係がおそらく今の私にはちょうどいいのです。
そして他にも一緒にいて刺激になる、心地のいい友達ができました。

あなたが変わると、周りの環境も変わりはじめます。
それはあなたのレベルが上がったという証拠です。

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、あなたのレベルが上がれば
今までの環境では適合できなくなるのは当たり前なのです。

あなたのレベルに合った友達にシフトしていくのです。

この環境の変化を怖がって、止めようとしたり、行動をやめてしまうと
せっかく変わり始めていたあなた自身も、元に戻ってしまいます。

環境の変化は怖がらずに、受け入れてください。
私も大好きな友達といても楽しくない状態がとても怖かったです。

自分がおかしくなったのでは?と焦りました。
でも、その気持ちに従って新しい道を切り開けたことは、本当に良かったと思います。

本当に仲のいい友達というのは距離が空いても、久ぶりに会ったとしても
昨日まで一緒にいたかのように会話を始めることができます。

周りの環境に変化を感じたら、あなたが変わり始めた証拠だということを思い出して
決して立ち止まらないでくださいね。

 

おわりに。。。

あなたが自分を変えたいと思って行動に移せば、変えることは可能です。
しかし自分で自分にストッパーをかけてしまうと、進めなくなってしまいます。

自分を変えるために必要なことは…

・自分自身を受け入れて信じること
・環境の変化を恐れて立ち止まらないこと
・変わった自分と本質の二面性を楽しむこと

あなたが望めば理想のあなたは手に入ります。
まずはあなた自身を好きになることから始めてみましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - ライフワーク