みかた らぼ

運気を味方につけて幸せを引き寄せるサイト

こんなパワーフード見たことない!知らないと損なはちみつの効能

      2018/02/24

こんなパワーフード見たことない!はちみつの効能

ご訪問ありがとうございます。
はちみつの知られざるパワーを知りたくありませんか。

こんにちは。プリシラです♪

私、実ははちみつってあまり好きじゃなかったんです。
甘すぎるし、口の中に残るし、ベタベタするし…あまり良い思い出がないんですね。

しかしこの度、はちみつがとんでもないパワーフードだと知って見直してみたんです。
すると「老若男女問わず食べるべきだ!」と言っても過言はない嬉しい効果がザクザク☆

今回ははちみつがパワーフードだと言われる理由と驚きの効果をばばーんとご紹介します。
あなたもはちみつを食べずにはいられないはずです!

 

スポンサーリンク

はちみつは栄養満点!まさにパワーフードの頂点

こんなパワーフード見たことない!はちみつの効能

はちみつがパワーフードと言われる理由はただ一つです。
それは身体への吸収が早く食べてすぐにエネルギーになることです。

はちみつの主な成分は「果糖」と「ぶどう糖」です。
これらの糖は「単糖」と呼ばれていて、分解する必要がないので、エネルギーとして吸収されやすいのです。

ご飯やパンにも糖は含まれていますが、残念ながら「単糖」ではありません。
その為、身体の吸収されるまでに単糖になるまで分解する必要があるので、時間がかかるのです。

はちみつが身体に吸収されやすいということは、それだけエネルギーになるのが早いということです。
はちみつは食べたらすぐにエネルギーになってくれるパワーフードなのです。

更に、はちみつには多くの栄養素が含まれています。
人の身体に必要だけれど、失われやすい「ミネラル」や「タンパク質」が豊富に含まれています。

しかもこれらも食べたらすぐに吸収されるのは嬉しいことです。
こんなに栄養満点のはちみつですが、食べることでどんな効果があるのかを次の章でご紹介します。

 

どんどん出てくる!はちみつの嬉しい効果

こんなパワーフード見たことない!はちみつの効能

はちみつが苦手だった私が「いや、食べた方がお得だ」と感じるくらいに
はちみつで得られる嬉しい効果があります。

それも1個2個ではなく、探せば探すほどにザクザク出てくるのです。
その中でも特に私が嬉しいと思った一部をご紹介します。

疲労回復効果

はちみつは食べたらすぐにエネルギーに変わります。

上記しましたが、はちみつの主な成分である果糖とぶどう糖は分解する必要がないので
素早く身体に栄養を行き渡らせます

それは運動の後や仕事で疲れた時に素早く疲労回復できることを意味しているのです。
疲労した身体にはたんぱく質やミネラルと言った栄養素も不可欠です。

はちみつにはそれらの栄養素も含まれているので、まさに疲労回復にはおすすめなのです。

アンチエイジング効果

年齢を重ねるごとに身体が老化していくのを感じていませんか。
女性なら肌の衰えや老けて見えるのにコンプレックスを抱く人も多いでしょう。

廊下の原因は体内に「活性酸素」が増えてしまうことが原因のひとつと言われています。
はちみつには抗酸化作用といって、活性酸素を除去してくれる効果があります。

はちみつを食べる習慣をつけることで、身体の中から老化防止ができるなんて
簡単で続けやすいアンチエイジングになりますね。

不眠解消効果

疲れやストレスで寝つきが悪い、という人が増えています。
不眠は翌日の活力を奪うだけでなく、長く続けば病気を引き起こしたりうつ病の原因にもなります。

疲れやストレスで眠れない場合はどうにかしてリラックスしたいものです。
そこでおすすめなのが「はちみつ」+「レモン」です。

レモンにはビタミンCが豊富に含まれていて、疲れを取って元気にしてくれます。
そこにはちみつが入ることで、ビタミンCの吸収を高めてくれるのです

また、はちみつの甘さが脳をリラックスさせるので、就寝前のはちみつレモンは眠りに誘います。

美肌効果

はちみつにもビタミン類が豊富に含まれています。
美容成分としては、ビタミンC、ビタミンB2、ポリフェノールなどがあげられます。

アンチエイジング効果でも書きましたが、食べることで身体の中から肌の再生が期待できます
またはちみつには強い保湿効果があるので、皮膚を整えて代謝を良くしてくれるのです。

かといって、食べ過ぎるとカロリーオーバーで体重の増加にビックリしてしまいます。
1日に大さじ3杯程度に抑えておきましょう。それでも十分に効果があります。

脳の活性化

はちみつに含まれる栄養素であるぶどう糖・果糖・ビタミン・ミネラル
全て脳の活性化に必要な成分なのです。

脳を働かせているエネルギーは当分なので、勉強や仕事で考え事が多い時には
はちみつは絶対的におすすめです。

将棋の名人も対局をしながら甘いものを摂ると言われるくらい脳の活性化に糖は必要なのです。
栄養豊富なはちみつで脳を活性化できるなら一石二鳥ですね。

はちみつで脳に栄養を与えて元気ハツラツと過ごしましょう!

【番外編】ちょっとした薬の代わりにも!

はちみつには抗酸化作用に加えて殺菌作用もあります。
ですから昔からはちみつをのど飴代わりにしたり、口内炎に塗るという方法が有名です。

中には軽い火傷や擦り傷などにも効き目があると言われています。
更に更に、整腸作用もあるので、便秘薬の代わりにはちみつで便秘解消も見込めます。

なるべく薬を飲みたくないという人は、はちみつを試してみてはいかがですか。

 

はちみつを食べる上での注意事項

こんなパワーフード見たことない!はちみつの効能

はちみつは老若男女みんなに食べてほしいと書きましたが…
ひとつだけ、注意してほしいことがあります。

よく言われていることなので、ご存知の方も多いと思いますが
1歳未満の乳幼児には絶対にはちみつを食べさせないでください!

その理由は…

はちみつには「ボツリヌス菌」の芽胞が混入している危険があると言われています。
ボツリヌス菌ははちみつだけでなく、土壌や空気中にも広く分布している菌です。

酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽することはありません。
しかし発育途中の乳幼児や抵抗力が弱い新生児の場合は発芽し「乳児ボツリヌス症」を発症させる恐れがあります。

乳児ボツリヌス症は適切な治療を受ければ感知する病気ですが
場合によっては命の危険に関わる場合もあります。

赤ちゃんにとってはツライ症状になりますので、絶対にはちみつを食べさせないように
気を付けましょうね。

そこで不思議に感じたのですが、妊婦さんや授乳中のママさんは大丈夫なのでしょうか。
こちらは全く、問題ありません。

むしろ栄養満点のはちみつなので、是非食べて欲しいくらいです。
薬が飲めない妊婦さんには、薬代わりに食べることの出来るはちみつもありますよ。

 

おわりに。。。

はちみつにはここに書ききれない効果がまだまだ、あります。
これはすぐにでも食べなければ!」と思ったのではないですか?

はちみつは専門店もありますが、近所のスーパーでも手軽に手に入れることができます。
まずは、通常使っている砂糖をはちみつに変えることから始めてみませんか。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - 健康