みかた らぼ

運気を味方につけて幸せをつかみ取るサイト

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

      2018/09/12

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

ご訪問ありがとうございます。
今日も会社で嫌なことがあった…辞めて自由になりたい!

こんにちは。プリシラです♪

私は仕事をしていますが、何度も冒頭のセリフを思ったか分かりません。
職場にいると仕事だけでなく、人間関係に特に悩まされますよね。

もしも仕事を辞めてフリーランスになって、好きな仕事を好きな人とできたら
どんなに幸せだろうと思います。

今はフリーランスや独立・起業をするのが珍しくない時代になりました。
昔よりもフリーで働く人に対する風当たりも、柔らかくなっているように感じます。

しかしフリーになるには、やはりいくつかのリスクが伴います。
このリスクに背を向けては、フリーランスでの成功はありません。

ここでは将来的にフリーランスを目指している人が、考えるべきリスクや
それに対抗するために、今からでもできることをご紹介します。

 

スポンサーリンク

なぜ、フリーランスになりたいのか

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

自分の力が通用するか試してみたい
自分のブランドを確立させたい

一昔前のフリーランスは技術職やスキルを持った人が、それを武器に戦うために
独立するというパターンがほとんどでした。

もちろん今現在も、そういった考えの人もいますが
もっと個人的な意見が多いのではないでしょうか。

・会社での人間関係にうんざりなので会社を辞めたい
・もっと自由な時間が欲しい
・組織という場所に拘束されたくない

 

いつの間にか会社が一生の生活を保障してくれるような世の中は終わっていました。
今の会社はいつ倒産するか分からないいつ解雇になるか想像もできないところにあります。

毎日、同じ時間に満員電車に揺られて出勤して、残業や時には休日出勤もある
それなのに満足な給料はもらえず、自由な時間は奪われる一方。

こんな生活が続くくらいなら、いっそのこと会社を辞めて自由になりたい
それならフリーランスとして好きなことで収入を得ていきたい

こういった理由からフリーランスに憧れる人が増えています。

 

ネットでちょっと検索すれば、何人もの人が「フリーランスで成功」と書いていたり
「会社に縛られない生活を手にしよう」のような、魅力的なページが見つかりますよね。

こういったものを見たり読んだりすると「私にもできるのかも…」なんて気になりませんか。

もちろん「絶対に無理」とは思いません。
やる気があれば、フリーランスで成功するのは可能です。

でも勢いで会社を辞めるのは、おすすめできません。
フリーランスになるなら、それ相応のリスクがあります。

このリスクに向き合う前に、気持ちが赴くままに会社を辞めてしまうと
リスクに押しつぶされて、何もかもを失ってしまうことも考えられるのです。

 

フリーランスになったら…こんなリスクがあります

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

自由になりたい!その気持ちは分かります。
私自身も団体行動というのが苦手で、学校や組織などに属するのが嫌いです。

ですから会社という場所から自由になりたいと何度も考えました。
ところが私にはフリーになって稼げるようなスキルがありません。

こんな状態で会社を辞めたら、どんなリスクがついて回るか想像してみました。

 

仕事がなくなる

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

会社を辞めるということは仕事がなくなるということです。
仕事がなくなるということは、収入がなくなるということです。

収入がなければ生活ができません。

フリーランスになるのであれば、「何を」して「稼ぐ」のかを明確にしなければなりません。
例えば…

・デザインの仕事をしていたのでフリーデザイナーになりたい
・プログラマーとして独立したい
・お店を開くことが夢なのでその準備をしたい
・農業を始めたい

このように「やりたいこと」を叶えるには、会社を辞めるべきと判断できる
「何か」があれば、まだ良い方です。

スキルもやりたいこともないのに「ただ自由になりたい」という理由で
会社を辞めると収入ゼロという大きなリスクが伴います

 

社会人としての信用度が下がる

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

自由がない社会人とはいいますが、いくつかのメリットがあります。
それは会社員であることで、社会的に信用度があるということです。

1番分かりやすいのは住宅ローンや自動車ローンなど、ローンを組む時です。
会社員であれば余程のことがない限り、ローンを組むことができます。

ところがフリーランスとなった途端、社会的信用度は一気に下がります。
その理由は収入が安定しないことにあります。

ローンを組むということは、毎月決まった金額の支払いが発生します。
会社員であれば、毎月決まったお給料が出るので、それが可能となり信用されます。

しかし収入が不安定なフリーランスは「もしもの時」に支払いが滞る可能性があり
それが信用度に響くのでローンが組めないことに繋がるのです。

フリーランスで賃貸も借りれないという人も多いのです。

 

会社からの福利厚生がなくなる

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

会社員であれば当たり前のように支給される福利厚生
社会保険、住宅手当、扶養手当、通勤費など、多くの面で助けられています。

フリーランスになれば、当たり前ですが福利厚生はなくなってしまいます。
フリーランスで得た収入の中で工面しなければならないのです。

フリーランスでの稼ぎは、会社で負担されていた福利厚生の分も稼ぐ必要があるのです。
会社員時代と同じ稼ぎでは、足りないという事態にもなりかねません。

個人的には福利厚生がなくなるのが、フリーランスの1番のリスクだと考えています。

 

休みが取れない

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

社会人であれば基本的に週休2日制なので、土日はお休みです。
忙しい会社でも1日はお休みがもらえますし、他の日に振り替えて休むことも可能です。

会社は組織なので、あなたがお休みしても代役がいます。
会社では有給制度を導入しているので、好きなタイミングでお休みを取ることができます。

フリーランスになると、あなたの代役はいません。
働いた分が収入になるフリーランスは、休んだら収入がなくなります。

土日も関係なく仕事をしなければならない可能性も大きいです。
特に独立した数年間は、働きづめの毎日となるでしょう。

ですから体調を崩すこともできませんし、怪我や事故もご法度です。
自分自身が商品、サービスとなって働くことになります。

 

副業で月10万円稼ぐまでは本業は辞めない方がいい

フリーランスを目指して独立したい!リスクに対抗するには?

フリーランスになった時の自由な働き方は魅力ですが
引換えに発生するリスクにも、目を背けずに解決策を考えておくことが重要です。

フリーランスになるということは、これまで守られていた会社という盾がなくなります
まさに身を守るものを持たずに、戦場に赴くようなものです。

フリーランスになるなら、それなりの覚悟が必要なことは忘れないでください。
フリーランスになって成功すれば、夢見た「自由な生活」が手に入ります。

 

フリーランスで成功するためには、フリーになるための事業に集中することが大切です。
多くの場合、フリーになるために会社を辞めたことにより、収入がなくなります。

すると日々の生活ができなくなるので、バイトを始めてしまうのです。
結局、生活のために働くことに時間を取られて、事業に集中できません。

これでは、フリーランスとして成功するための道が遠のいてしまいます

もし仕事を辞めるなら、1年~2年は働かなくても生活できるくらいの貯金があること
ここは外せません。

しかし資産家でもない限り、そんな大金は用意できませんよね。
そこでおすすめしたいのが、本業を辞める前に副業を始めることです。

 

もちろん副業は将来、フリーランスに繋がる仕事が良いでしょう。
そして副業で安定して月10万円稼ぐことを目標とします。

これでかなり最低限ではありますが、生活ができるレベルには達します。
多くのフリーランスの方も、まずは二足の草鞋状態で副業から始めています。

こうすることで、あなたがやろうとしている事業が本当に稼げるのかも分かるでしょう。

スキルがない場合、いきなり始めて成功する可能性は低いです。
ただし、何もしなければ成功する可能性はゼロです。

可能性を広げるのは、行動するかしないか、という部分だけですね。

 

おわりに。。。

フリーランスは好きなことを仕事にして自由で羨ましいと思うかもしれません。
しかし、中には好きだったけれど、仕事にしたことで嫌いになった例もあります。

会社員は自由が少ない代わりにメリットもあります。
それを手放すのか、手放さずにフリーを目指すのか、フリーを諦めるのか、道は分かれます。

副業を始めることで、本業以外でも稼ぐことができる、稼ぐ術があることを実感できます。
すると気持ちに余裕ができるので、将来への不安や会社への不満が少しずつ解消されます

フリーランスを目指すなら、会社を辞めていない今から準備を始めませんか?

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - ライフワーク