みかた らぼ

運気を味方につけて幸せを引き寄せるサイト

血のめぐりが悪いと病気になる?簡単な血行促進術とは

      2018/10/14

血のめぐりが悪いと病気になる?簡単な血行促進術とは

ご訪問ありがとうございます。
血の巡りについて、ちょっと考えてみませんか。

こんにちは。プリシラです♪

現代人は血の巡りが悪い人が増えていると言われています。
血の巡りなんて、と馬鹿にする人もいますが、これは重要な問題です。

特に女性には辛い思いをするような症状や病気に繋がることもあります。
私自身も冷え性で血の巡りは悪いと考えています。

だからこそ、今からでも出来る血の巡りアップを目指したいと考えています。
一緒に血の巡りをアップさせていきましょう☆

 

スポンサーリンク

血の巡りが悪いとどんな病気になるの?

血のめぐりが悪いと病気になる?簡単な血行促進術とは

血の巡りのことを「血行」とも呼びますが
よく「血行が悪い」と身体に悪影響を与えるとも言われます。

血液の循環によって酸素や栄養素が身体全体に送られます
また、新陳代謝も血の巡りのひとつです。

これらが滞ってしまうと何が起こるのか考えてみました。
すると女性特有の困りごとが次々と浮き彫りになるんです。

肩こり・腰痛

血の巡りが悪いと肩こりや腰痛になりやすくなります。
これは血液の循環によって回収される痛みの原因である発痛物質が溜まってしまうためです。

老廃物も溜まりやすくなるので、体内に悪いものが蓄積されてしまうんですね。
怖いですね。。。

冷えからくる生理痛

血の巡りが悪いと冷えが進行するので生理痛の症状が強くなります。
手足が冷えて困るという女性も多いですよね。

これも血の巡りが悪いことによる悪循環なのです。
身体が冷えて仕方ないと言う人は血の巡りの悪さから起こることなんですね。

肌荒れ

肌荒れにも血の巡りが関わっています。
新陳代謝も血の巡りのひとつと言われていますのでターンオーバーが乱れます。

ターンオーバーが肌に大切なのは以前、記事にもしました。
血の巡りは肌の不調にも関わっているんですね。

ターンオーバーの詳細はこちら

 

簡単にできちゃう!たった3つの血行促進術とは

血のめぐりが悪いと病気になる?簡単な血行促進術とは

血の巡りが悪くなる1番の原因はストレスとも言われています。

現代女性は男性並みに働くキャリアウーマンであったり
仕事と家庭を両立する兼業主婦であったり…本当に頑張り過ぎですね。

体調もお肌もボロボロ…そんな状態から抜け出したい!
そう思う女性の為に血の巡りを良くする3つの方法をご紹介します。

血の巡りを良くするには身体を温めることが大切です。

その① 食べ物で身体を温める

身体を温める食べ物を意識して摂取することです。
身体を温める食品の代表は以下の通り。

もち米、ソラマメ、玉ネギ、ニンジン、ニラ、シソ、ネギ、ショウガ、ニンニク
鶏肉、アジ、サバ、イワシ、エビ、クルミ、栗、黒砂糖、紅茶、山椒、シナモン、唐辛子

中でもショウガは皮ごとすりおろしたショウガ汁を味噌汁やおひたしに入れると良いです。
野菜は生のまま食べると身体を冷やすので、火を通したほうがおすすめです

その② 軽い運動で身体を温める

血行を良くするには軽い運動が最適です。
仕事を持つ女性でも手軽に出来るのがウォーキングですね。

出勤時の徒歩移動や仕事中の階段の上り下りなどは活用するべきです。
背筋は真っ直ぐに、いつもより歩幅を大きくすると代謝が促進されやすくなります。

また寝る前や起床時に軽いストレッチやヨガをするのもおすすめです。
運動を全くしない人に比べて血の巡りアップに差が出ますよ。

血行も良くなるヨガのポーズはこちら

その③ 外側から身体を温める

血行を良くするには40度前後のお風呂にゆっくり浸かると良いと言われています。
炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、短い時間で身体が温まります。

しかし外側から身体を温めるには普段から意識することも大切。
ひざ掛けやカイロなどを利用して、普段から効果的に身体を温めましょう。

冬場は特に気を付けたいですね。

 

具体的にどこを温めればいいの?

血のめぐりが悪いと病気になる?簡単な血行促進術とは

外側から温める場合、やみくもに身体を温めても効果がない場合があります。
例えば手足の末端が冷たいからといって、そこを温めてもあまり効果はありません。

身体を温めるには中心からと言われるように全身を温めるには
温めたい場所を知っていることが肝心です。

温めポイントは首、肩、二の腕、お腹、腰、太ももです。
特にお腹は身体の中心なので腹巻やカイロで温めると全身が温まります。

首や肩はマフラーでカバーできますね。
デスクワークの人はひざ掛けで太ももを温めるようにしましょう。

実際に冷えている部分ではなく、根本的に身体を温める場所を知ること。
積極的に温めることを意識して血行アップを目指したいものです。

 

おわりに。。。

体温が上がるとリラックス効果が得られるので、ストレスからの解放も期待できます。
睡眠の質もアップするので肌の悩みも解消されるかも。

私も出来るものから実践中です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました(≧▽≦)

 - 健康